「ピアノが人気の習い事である理由」とは?

更新日:5月13日

こんばんは。

これまでに数百名の生徒に指導をしてまいりました、

兵庫県豊岡市の「ようこピアノ教室」向原葉子です♪

今回は「ピアノが人気の習い事である理由」について、お伝えしていきます。


まず何といっても、

弾けるとカッコいい♪

これでしょう・・・!


特に、クラシックの中でも、よく知られている曲が、

サラッと弾けたりすると「おお~・・!!」ってなりますよね。


こういうシチュエーションは、社会に出るとそんなにはないと思いますが、

学校に在籍している間は、よくあります


それは、学校の授業に音楽があるからであり、

音楽室にはピアノがあるから・・・


休憩時間とかに、

「〇〇ちゃん(△△くん)、ピアノ弾けるんでしょ?なんか弾いてよ!」

と言われて、


「ええ~・・・?なんかって言われても・・・

そんなに弾けないよお~・・・?」って言いつつ、


ショパンの小犬のワルツ辺りを弾くと、

速い曲なので、すごく上手く感じてもらえます(笑)。

幻想即興曲なんか弾いた日には、

「す、すっご~い・・・!!!」なんて言われて、

物凄くピアノの上手い人」認定確定です(笑)。


小学生でこれらを弾ければ、本当に上手い!ですが、

コンクールで入賞できる子なら、この辺は小学生でも演奏できます

ここまで弾けなくても、発表会で演奏した曲を弾けば、


習っていない子からすると、とってもスゴイ!ので、

やはり「ピアノの上手い人」認定されるでしょう♪


また、学校では、合唱コンクールがありますよね。

その伴奏者に選ばれたりしますので、


わざわざ休憩時間に「なんか弾いて!」と言われて弾かなくても、

ピアノが弾ける人」「上手な人」となります。


いわゆる、一芸に秀でてている事になりますので、

お勉強が少々苦手であったりとか、スポーツもあまり出来なくても、

ピアノが弾けることで自信になりますね♪


また、脳科学の澤口先生も、テレビ番組でも、著書でも仰っていましたが、

ピアノを習うと、他の習い事は必要ない!」

というくらい、脳が良くなるのだそうです。


実際、有名大学の学生の多くが、幼少期にピアノを習っていた・・と統計があるそうで、

ピアノを習って絶対音感を付けると、

IQが「平均10以上、上がる」と言われています。


そして、このピアノという楽器は、

専門的に、きちんと勉強する・・!となると、大変難しい楽器ではありますが、


音階(その名の通り「音の階段」)でいう「ドレミファソラシド」が、

目で見て、その順番通りに鍵盤が並んでいる

ので、


小さな子供や、音楽の素地の無い方でも、

とっかかりが易しく、始めやすい」というのがあります。


他の楽器ですと、弦楽器のギターにしろ、バイオリンにしろ、お琴にしろ、

順番に弦を弾いていっても「ドレミファソラシド」ひはなっていないのですし、


パっと目で見てわかるところに、楽器を構えないので、

ちゃんと弦が押さえられているか、わからなかったりします


私は、少~しだけ!!ほんのちょっと、ギターを弾いたことがありますが、

ちゃんと押さえられているか分からなくて、


よいしょ・・!と、楽器を持った手をひっくり返して確認しながら、

練習していました(笑)


お琴は、まだ楽器を目の前に置きますが(学校の副科でやりました)

弦の順番どおりに、ただはじいても、「ドレミファソラシド」にはなりませんし、


左手で弦を押さえて、右手に嵌めた爪で弦をはじかないといけませんが、

しっかり弦を抑える事が出来ていないと、

ちゃんと音が出ません(音程)。


これはギターも同じですし、バイオリンは経験がありませんが、

左手で弦を押さえて、右手で弓をもって弾くので、

原理は一緒ですね。


ちゃんと、左手でポジションを正しく押さえる事が必須です。


管楽器も、押さえる指を覚えないといけないですし、

なにより、まず音を出すのが大変です。


マウスピース(口でくわえるところですね♪)だけで、

音を出す練習をしないといけません。


オーボエとクラリネットだけ経験がありますが、

最初はなかなか音が出ないんですよね~・・・


特にオーボエ。凄く大変!!


なので、金管楽器などは、小学校で希望者がクラブに入ってする場合も、

小4からですし、

吹奏楽部で木管楽器をする・・となっても中学からで、


幼少期からこれらの楽器を演奏するのは、

体格的にも知力的にも難しいですよね~・・・


バイオリンなどは、体格に合わせて買い換えていきますが・・・


あ!そうそう!弦楽器は自分で調弦しないといけないので、

幼少期からバイオリン等を習うなら、

保護者の方が、楽器経験者でないと厳しい部分はあると思います。


今は、調弦するためのアプリもあるそうですし、

(結構お高いらしいです・・!)


ギターなどは、チューナーを使って合わせたりするらしいので、

大人はまだ・・・ですが、小さい子供は大変ですよね。

楽器が大きいし・・・


ピアノも鍵盤は大人の男性用に作られているので、

大人であっても女性が演奏するには、

レベルが上がると結構厳しい部分もあるのですが、


なにしろ「とっかかりが分かりやすい♪


これに尽きますね!


あと、将来「保育士になりたい!」となった場合、

ピアノが必須科目に上がって来ますが、

経験しておくと、この辺は楽勝♪ですね!


初歩程度出来れば、必須の部分はクリアできますし、

弾ければ弾けるほど、就職も早く決まります♪


また、教室のHP(ようこピアノ教室)

にも載せていますが、

コツコツとした、毎日の練習の積み重ねが大切になって来ますので、


将来成功するのに必要な能力とされる、

誠実性」=「努力を継続させること」「忍耐力」を見に付ける事が出来ます。


というわけで、ピアノは、やっておいて損はない!と思いますし、

「きちんと取り組めば、将来必要な能力を同時に得られる」・・という事になります。


そして、なんといってもですね、

弾けると楽しいんです♪


私は、何がストレスになるか・・って、

忙しくて自分の練習時間が取れない事、

弾く時間が取れないことがストレスになるので、


思いっきり練習出来た日は、気分爽快です♪


皆さんにも、是非!

この楽しさを知って頂きたいな・・・・!と思います♪


以上、「ピアノが人気の習い事である理由」について、

お伝えいたしました。



お問い合せ&HPはこちら♪↓

ようこピアノ教室


14回の閲覧