「ピアノの前身楽器」について♪ピアノの歴史 その1 


ピアノ指導歴28年。

これまでに数百名の生徒に指導をしてまいりました、

兵庫県豊岡市の「ようこピアノ教室」向原葉子です♪

今回は、

「ピアノの前身楽器」について、

お伝えしていきます。

まずは「ピアノの歴史 その1」です♪



ピアノが作られたのは、

イタリアで1700年頃

という事を、

以前の記事で書きましたが、



何しろ、

300年以上も昔の事ですので、

当時のピアノは、

今のピアノとは全然!違うのですが、



そのピアノが作られる背景にあった、

3つの「前身楽器」があります。




①チェンバロ(Cembalo)(伊)

(ハープシコードとも言います)


これは、

今も演奏される機会がありますし、

皆さんも、名前を聞いた事や、



どこかで「見たことある!」

という方も、いらっしゃるのではないでしょうか?



デザインや、形、大きさは、

年代によっても色々ですが、



こういうのですね↓

ピアノが、弦をハンマーで叩いて

音を出す仕組みであるのと違い、



チェンバロは、

「プレクトラム」という、

カラスの羽の根元を、



鋭くナナメに切って、軸にした爪で、

弦をはじいて音を出す」仕組みです。



その為、音量がいつも一定で、

ピアノのように、強弱は付けられません。



当時、

音楽は教会や、王侯貴族のもの

でしたから、



刺激のない、たんたんとしたもので、

事足りたんですね。



音楽が、市民階級まで、

楽しめるものになったのは、



ベートーヴェン

(1770-1827)の頃で、



市民革命によって、

富裕な市民層に音楽が広がっていったから・・・

です。



その為に、感情を表現するのに、

音量が必要となり始めたので、



強弱の付けられる楽器が

求められるようになり、

ピアノが発明された・・という事なんです。



実際、

ベートーヴェンの活躍した時代には、

ピアノも一緒に発展していっていまして、



ベートーヴェンの初期の

ピアノソナタには、



曲の流れでいくと、

低音域に下がりたいところなのに、



鍵盤数が無いため、下がれず、

上に音をあげて書いていっている、

作品があるんですが、



後期になると、

ピアノがさらに開発されて、

鍵盤数が増えたため、



初期の作品にはなかった音域で、

曲が書かれています♪



このチェンバロ。

私は大学の楽器博物館で見まして、

直接触って、試弾させて頂きました。



年代物ですし、装飾も多く、

随分華奢な作りですので、



音色がどうとかの前に、

こんな貴重なものを、壊したらどうしよう・・・!

という気持ちが強く、



こわごわ、弾きました(笑)



このチェンバロ、

実際に音はとても小さいです。



この楽器で、バロック時代の作曲家である、

スカルラッティやクープラン、

ラモー、バッハ、ヘンデルが作曲し、

演奏していました。



②クラヴィコード(clavichord)


「クラヴィ(鍵盤)」「コード(弦)」

は、張られた弦を、



「タンジェント」という、

金属製の突起で、

突き上げて音を出す

仕組みになっていて、



こちらも、音は小さいです。



この楽器を、

バッハは気に入って愛用しており、

バッハの作品の98パーセントが、

このクラヴィコードで作曲されています。



③ダルシマー(Dulcimer)


この楽器は、ハンガリー生まれで、

見た目は、

「ピアノとは全然違いますよね・・・?」

感じなという、ですが、



小さなピアニッシモ(pp)から、

大きなフォルテッシモ(ff)まで音量の出せる打楽器で、



音を出すしくみ&性能としては、

一番、ピアノと同じとが出来るため、




実は、これこそ、

ピアノの前身楽器である!

と言わています。



「マレット」というバチで、

弦を叩いて音を出す仕組みで、



ハンガリーでは、ピアノの前身楽器という事からか、

今でも「チェンバロ」と呼ばれているそうです。



似た楽器に、

「サントゥール」や「ハッフブレッド」

などがあります。



国によって、形状など、多少の差はありますが、

構造は、同じです。



以上、

「ピアノの前身楽器」について、

ピアノの歴史♪「その1」を、

お伝えしました。



ようこピアノ教室HPはこちら♪↓

ようこピアノ教室

13回の閲覧