「ピアノの練習方法♪お悩み別」その2~自宅での練習のさせ方 実践編

更新日:6月17日

皆さん、こんばんは。

指導歴28年。

これまでに数百名の生徒に指導をしてまいりました、

兵庫県豊岡市の「ようこピアノ教室」向原葉子です♪

今回は、

「ピアノの練習方法♪お悩み別」その2

~自宅での練習のさせ方 実践編

を、お伝えしていきます。



前回、

「練習をしないけれど、

どうしたら練習をしてくれるのか・・・」

という、お悩みやご相談が多い…というお話をしました。



そして、それには、


 ・習い始めから、

毎日練習する事を、

お子様に約束させる事が重要


という事でしたね。



では、実際に毎日練習する事を、

お子様が約束してくれたとして



「分かったけれど、

毎日の実践!それが難しいんじゃないですか~・・!



というお声が、たくさん聞こえてくる気がしますが・・・



はい。では、

毎日練習させるポイントとして、

まず、



①毎日練習する時間を決める


です。



例えば、

保育園や幼稚園から帰ってきたら。

学校から帰ってきたら。



手を洗っておやつを食べ、

そのあと練習。



これを「習慣化」

するんです。



その日によって、

時間が違うのではなく、



「○○をしたら、練習」

というように、



毎日の練習するお時間を、

「この時間!」と決めて下さい。



お休みの日は、

普段の日に時間帯を合わせるか、



お掛けの時は、

出掛ける前に練習を済ますように、

前の日にでも、決めておきましょう♪

(帰ってからの練習は、厳しいので・・)



練習時間を、

「園や学校から帰って来てから直ぐ」

というのを、習慣化するためには、



「幼稚園や小学校に行きだすときに、

ピアノのお稽古を始めるのがベスト」

だと思います。



3月末くらいに体験レッスンを受けて、

4月はじめから、ピアノに通う。

という形ですね。



小学生になっていて、

宿題がある場合は、

宿題をするのと、練習をするのを、

一緒にしてしまう方が良いかと思います。



「宿題が済んでから・・・」とか、

になると、

「やっと宿題済んだのに、やりたくない・・・!」

になりがちですので、



間をあけない方が良いかと思います。



また、お勉強が苦手で、

「宿題にもの凄く時間がかかるんです・・・」

というお子様の場合ですと、



宿題の前後でなく、


・朝 学校に行く前


・夕食後 直ぐ


・夜 寝る前


などに、練習時間を設定された方が、

良いかと思います。



「朝や夜なんて、時間ないし大変~・・!」

と思われると思いますが、



これは実際に実践されているお家が、

何軒かありまして、



お母様がお仕事をされているご家庭が、

この時間帯を、

練習時間に設定されている方が多いです。



学校や園から、

子供が帰ってくる時間に、

お母様がまだお仕事で、



おじいちゃまおばあちゃまに、

お世話をお願いしている・・

という場合や、

学童に行っている・・という場合ですね。



朝に練習している場合のスケジュールは、


・30分早く起きてまず身支度と朝ご飯

   ↓

・ピアノの練習をして

   ↓

・歯磨きして、学校へ行く


という流れで、



夜は


・お風呂、寝支度を済ませ

   ↓

・ピアノ練習をして

   ↓

・絵本を読んでもらって就寝


という流れで、練習されているご家庭が多いです。




そして、実際の練習ですが、


②通しの練習→部分練習をする


です。



子供って、途中でつっかえると、

「最初から弾く~♪」と言って、



何回も、同じところでつっかえては、

また最初から弾こうとするので、



永遠に、苦手なところが弾けないよ・・・??

という状態になってしまいますので、



「1日5回弾く」とかではなく、


・まず通しで、一回弾く

・間違えたところを「間違えたところから弾く」

・間違えたところのみ、何回も弾く

・通して弾く


を、繰り返して、練習して下さい。



途中から弾くのって、

初心者、特に子供は苦手で、大変です・・!



でも、この「途中から弾く」という事が出来なければ、

曲を仕上げるのに、

沢山の時間が、かかってしまいますし、



発表会やコンクールなどの舞台で、

緊張して分からなくなった時に、



次が出てこなくて、立ち往生・・・

という事になってしまいますので、



初歩の導入時期から、

「曲の途中からでも、弾く練習」

は必須です!



私のレッスンでは、

これが苦手な子供にも、

曲の途中から弾けるように、

レッスンしていますので、



どの子も、「え~・・・?!」

と言いながらも、

言われたところから弾きますし、



レッスン内で、

弾けない所の部分練習を、

回数数えて、一緒にやっています。




*習ったばかりの就学前幼児の場合



・お時間を決めて、毎日、

「とりあえず!」

ピアノの椅子に座らせましょう。



小さなお子様の場合、

ピアノの椅子に座ったからと言って、

弾いてくれるとは限りません・・・



CDに合わせて弾く、

鍵盤遊びの曲であっても、



全然!違う事をやりだしたり、

げんこつで、あちこち鍵盤を叩いたりしがちです・・・

(げんこつで弾くのは、

2つの黒(ド♯とレ♯)だけですよお~・・汗)



それでも、

ピアノの椅子に座って、鍵盤は触りました

ので、



・お母様が横でお歌を歌ってあげたり、

・お母様が弾いてあげたり、

・一緒にリズムを叩いたりできればOK


です♪



少しづつ、お家での練習や、

レッスンに通う事に慣れて頂き、



徐々に、弾くようになって頂ければ・・・

と思います。



以上、「ピアノの練習方法♪お悩み別」その2

~自宅での練習のさせ方 実践編

を、お伝えしました。




ようこピアノ教室HPはこちら♪↓

ようこピアノ教室

14回の閲覧