「ピアノ初心者のレッスン内容」大人編♪

最終更新: 5月13日

こんばんは。

これまでに数百名の生徒に指導をしてまいりました、

兵庫県豊岡市の「ようこピアノ教室」向原葉子です♪

今回は、「ピアノ初心者のレッスン内容 大人編」です。


子供の場合と違って、大人の場合は、

言葉で説明すればご理解頂けるので、

その点では、こちらもレッスンが進めやすいです。


難しい事をする・・となっても、

ぐずったり、泣いたりもしませんし・・・(笑)

(ちなみに、ぐずったり泣いたりする子供の扱いは得意です!何気に自慢(笑))


話が逸れました・・・


ですので、大人の場合は、

子供と同様に「真ん中のド」を見つけて、

そこが楽譜で書くと、どこなのか・・・という事を、

楽譜を見ながら教えていきます。


楽語や拍子の説明とかも同時に行って、

まずは「情報をしっかり説明」します。


今から、楽譜にあるこの音を弾きますよ~」という、前情報ですね。

(大人の場合は、まずは頭で分かっていないと進めないことが多いので)


でも、「さて、弾きます!」・・となったときに、

かなり身構えてしまう事が多いので、


「まっすぐ背中を伸ばして座ったら、力を抜いて下さいね

とお話しします。


テキストは、基本この2冊を使用することが多いです。

「おとなのためのピアノ教本」と「バーナムミニブック」


バーナムのミニブックは、小さい子供の導入にも使用しますが、

一曲4小節という、短い練習曲の中に、

段階的にテクニックを習得できる要素がしっかり!詰まっているので、


子供のみならず、大人の初心者の方も、

無理なくテクニックを習得できます。


1番は「歩こう」

右手の1番(親指)と2番(人差し指)を動かして「歩く様子」表現します。


1番の指というのは、本来「物を握るように出来ている」ので、

中に手の中に入ろうとするのが普通なのですが、


ピアノを弾くときは、これを握らず、

縦に」動かさないといけないんですね。


ですが、弾く事にまだ慣れていない、習い始めのうちは、

どうしても手に力が入ってしまい

この1の指が上手く動かないんです。


上級者になっても「1の指」については、

よく注意を受ける所なので、

(音大時代の恩師も、いまだに師匠に「1の指!」て言われる・・・

と、仰っていました)


初心者が、1の指が上手く使えなくても当然なので、

出来る限り力を抜いて、

ラクに弾くようにします。


簡単で単純な練習曲だからこそ

手の形」や「動かし方」「脱力」に意識を持って弾くように、気を付けます。


2番は「ホッピングしよう」

「スタッカート(その音符の半分の長さで演奏する)」が出てきます。


いわゆる「切って」リズミカルに弾くので、

ホッピングしている様子」を表現できます。


右手と左手を交互に弾くようにもなっているので、

間が空かないように、素早い右手と左手の移動が必要になります。


この短い2曲で、これだけの事を学べる訳です!

バーナムって、良い教材ですよね~


「おとなのためのピアノ教本」も、

大人が読んで理解して進めるよう、


楽譜の読み方、記号の名前などが最初に記載されていて、

譜面と一緒に手の写真も載っています。


拍の数え方も載っていて、

レッスンが終わって、自宅に帰って練習する際も、


これを読むと、

「ああ!そうだったな・・・!」と、思い出しながら練習出来ますね。


大人の生徒さんの場合も、子供同様、個人差はありますが、

やはり、まだこれからいろんなものを吸収する小さい子供と違って、

すんなりとはいかないことが多い」ですし、


大人としてのプライドもあるので、

「出来ない・・・!(泣)」となると、やる気が削がれてしまうので、


どちらかというと、子供以上に、出来たところを褒めて褒めて・・!

励ましながらレッスンすることが多いです。


大人のなると、本気で叱られることも減って来ますが

(最近は仕事でも、そんなに酷く叱られる事ないですよね?)

凄~く!褒められることもまた、無くなって来ますよね。


こういうお稽古事で褒めてもらえると、承認欲求も満たされますし、

さあ!また仕事も頑張るぞ!!」と思えれば、

日々の生活に張りも出ますね♪


私自身も、この年齢になると、もう親も両方とも亡くなりましたし、

ピアノ講師で個人事業主なので、上司もいませんし、

叱られる事って、自分の師匠からレッスンの時に・・・(汗)くらいです。


お褒めを頂く事は、ごくごく稀・・・(苦笑)ですが、

まあ、これは一応ピアノを専門に学んできたので、師匠が厳しくて当然として、

(そうでないと困りますし・・・)


たまにお褒めの言葉を頂くと、とても嬉しいですし、

曲があがって、新しい曲を頂くのも、とても嬉しく、


そんな時のレッスンの帰り道は、

「ワクワク♪」で「ご機嫌♪」です。


ですので、大人になった皆さんにも、

是非、この「ワクワク♪」と「ご機嫌♪」を、体感して頂きたい・・・!

と思っています。


大人になってからのレッスンは、

子供の時とはまた違った、楽しさと充実感があります。


習いたくなったら、気負わずに、

まずは体験レッスンへ是非どうぞ♪


以上、「ピアノ初心者のレッスン内容 大人編」をお伝えしました。


お問い合せ&HPはこちら♪↓

ようこピアノ教室

19回の閲覧