「ピアノ曲で有名な作曲家について知ろう♪」バッハ編 その1


こんばんは。

これまでに数百名の生徒に指導をしてまいりました、

兵庫県豊岡市の「ようこピアノ教室」向原葉子です♪


今回は、「ピアノ曲で有名な作曲家について」お伝えしていきたいと思います。


ご自身が演奏する楽曲を作曲した、作曲家について知る事は、

その曲を演奏する上で、とてもとちぇも・・・!大切な事ですが、

そこを疎かにしてしまっている方も多いのではないでしょうか・・・。


その作曲家が生きた時代背景、その曲が作られた理由などを知ると、

より深く曲を理解し、演奏する事に繋がります。


当教室の生徒さん達には、

せめて発表会やコンクールで演奏する曲の作曲家についてだけでも、

自分で本を読んだりして、お勉強してほしいな・・・思いますが、

皆、してないんだろうな・・・汗


という事で、せめて、こうやって私がまとめたものを読んで、

作曲家についての理解を深めてくれるといいな・・・と、思います



大学で私が勉強した事に加えて、その後、自分でも調べた事も取り混ぜて、

まとめています♪


学校での課題で、作曲家について調べなきゃいけなくなって、

検索して、ここにたどり着いた方もあるかと思います。


これを参考になさって頂いてもよいのですが、

丸っきりの「丸写し」では、何も覚えられませんし、自分のためになりませんから、

きちんと自身で調べ研究したうえで、あくまで「参考」として下さいね!



今回は1回目ですので、「音楽の父」「ヨハン・セバスチャン・バッハ」です♪


言わずと知れた、大作曲家で、息子たちも音楽家となり、楽曲を多数残していますので、

ヨハン・セバスチャン・バッハは「大バッハ」と呼ばれたりしています。


音楽を志す者にとっては、避ける事の出来ない作曲家で、

ピアノでも、ピアノ専攻に進むのであれば、バッハは必須です。


2声のインベンションから、3声のシンフォニア、そして平均律。

フランス組曲や小プレリュード、パルティータなどもやりますね。

バッハの楽譜は、上記のヘンレ版が良いと言われており、

私も、インベンションとシンフォニア、平均律はヘンレ版を持っていますが、

(ちなみに平均律は、ヘンレ版、ブライトコルプ、ウィーン原典版、全音の4冊を所有。

指番号やアーティキュレーション等の違いを比較して勉強するためです)


パルティータと、イタリアコンチェルトは、下記の春秋社を持っています。

日本人の手指に合った運指が書かれている・・と師匠から教わりましたので、

迷ったときは、他の作曲者の場合も、春秋社を1冊は購入する事が多いです。


専門的で難解。

バッハを弾かせれば、本当に上手いかどうかわかる

と言われる、ごまかしのきかないバッハで、

コンクールの課題や、音高や音大の入試にも決まって入って来ますが、


小さな子供が演奏できる、可愛くて短く、易しい小品もたくさんあります。


当教室の発表会でも、小さな曲を数曲を演奏する、まだ習って間もない生徒達には、

1曲は、バロックの1ページから2ページの位の、

短くて易しい楽曲を演奏して貰う事が多いですが、


その中でも、バッハの曲を選曲する事は、結構多いです。


コンクールでもおなじみ、発表会の曲でも大活躍の、

「プレ・インベンション」↓

可愛くて、綺麗な曲がたくさん入っています。



私、バッハが大好きなもので、つい本題から逸れました・・・汗

もっと、好きな曲とか、バッハ弾きのピアニストについてとか、

たくさんたくさん・・!書きたいのですが、別の記事でまた・・と、思います。



さて、本題のバッハさんへ移ります。  ↓      



【John Sebastian Bach (ヨハン・セバスチャン・バッハ)】

(1685~1750)


バッハは、1685年3月21日、ドイツ中部の小都市アイゼナハで、

音楽一族に生まれます。



バッハ家は代々優れた音楽家を出した家系で、

200年の間に53人もの音楽家が出て、ドイツ各地で活躍しました。

(スゴイですね~200年で53人ですよ)



バッハは8人今兄弟の末っ子で、この一族の中で最大の音楽家となり、

のちに「大バッハ」と呼ばれました。



血筋が良いと、その中で特に突出した人物が出ますよね。

バッハは、その典型と言えるでしょう。



バッハは音楽だけでなく、学校の成績も良かったようで優等生だったそうです。

そうでないと、あんな素晴らしい楽曲をたくさん!書けませんよね。



ところが、バッハが9歳の時、5月に母が、翌年2月には父が亡くなってしまい、

8人の兄弟は親戚にばらばらに預けられることになります。

このことは、大変バッハに大きなショックと与え、その影響も大きかったようです。



その後、バッハは、優秀な音楽家であり、教会のオルガン奏者だった、

長兄のヨハン・クリストフに引き取られ、鍵盤楽器演奏の基礎を学びます

(ココですね!!これがなければ、バッハがあれほど素晴らしい、鍵盤楽器のための楽曲を多数書けなかったと思います)



とても勉強熱心だったバッハは、兄の貴重な楽譜を、毎晩月明りで半年もかけて書き写し

目を悪くしてしまい、手術を2回したのですが良くはなりませんでした。



この目を悪くし、手術に失敗したことが、バッハの寿命を縮めた・・・と言われています。



65歳で亡くなったバッハ。

それでも当時としては長生きだった訳ですが、

目の手術に失敗しなければ、もっと長生きしたであろう・・・と言われています。



とにかく勉強家だったバッハは、有名な音楽家の演奏会に行っては、

直接作曲家に質問をするなどして、様々な様式や正しい作曲法を学んでいきました



15歳で北ドイツのリューネブルクの聖ミカエル教会の聖歌隊員となり、

18歳でザクセン=ヴァイマール公弟ヨハン・エルンストの宮廷楽士となり(スゴイ!!)

アルンシュタットの新教会オルガニストに就任します。



この教会には、大変立派なオルガンがあり、

バッハは精力的に演奏や作曲に取り組みました。



有名な「トッカータとフーガ」(この曲好きです♪)は、

この時期、20歳の時の作品です。 



以上、「ピアノ曲で有名な作曲家を知ろう」バッハ編 その1をお伝えしました。

その2に続きます♪ 



お問い合せ&ようこピアノ教室HPはこちら♪↓

ようこピアノ教室

6回の閲覧