「ピアノ練習」弾いている場所を見失うのは、なぜ?その対処法


ピアノ指導歴28年。

これまでに数百名の生徒に指導をしてまいりました、

兵庫県豊岡市の「ようこピアノ教室」向原葉子です♪

今回は、

「「ピアノ練習」

弾いている場所を見失うのは、なぜ?

その対処法」について、

お伝えしていきます。



ピアノを弾いていて、

「あれ?今どこを弾いていたっけ????」

となる事、ありませんか?



これ、初心者の大人の方に、

非常に!多いです。



・弾いている場所を見失う理由


それは・・・



弾いている途中で、鍵盤を見てしまい、

譜面から、目を外してしまうから



です。



「え・・・?!

だって、鍵盤見て確認しないと、

何の音を弾いているか、

わからないんですけど・・・???」



という反応、言葉が大半なのですが、



はい!では、

・対処法です。



譜読みをしているとき、

まだ、楽譜を覚えていない時は、



基本、

楽譜から目を離してはいけません



①まず、楽譜上の最初の音の所へ

書かれてる指番号で指を置き

②そのまま、手を動かさず楽譜を見て

③出来るだけ、下(鍵盤)を見ずに、弾く



音が飛ぶときや、

位置が不安な時は、



前を(楽譜を)見たまま、

ちらっ・・・!とだけ、

手元を見て確認します。



ガッツリ!!と、下を向いて、

鍵盤を見てしまうから、



楽譜のどこを弾いているか

分からなくなってしまうので、



ご自宅での練習でも、

出来る限り、

鍵盤を見ないようにして、

練習しましょう♪



多分、初めは、

上手く出来ないと思います。



子供だと、あまり深く考えずに、

「楽譜を見て弾いてね~♪」

と言って、

音符を指で示してあげると、



それを見ながら、

(どちらかと言うと、それしか見ずに(笑))



音が間違おうが、お構いなしに、

言われた通り、私の指の動きをみて、

鍵盤を見ずに弾いてくれますし、



音感訓練で耳の良い子が多いので、

間違った時だけ、音を聴いて気づき、

鍵盤を見て確認・・・

という事をしてくれます。



そして、それを繰り返すうちに、

自分の手では、どのあたりがどの音で・・・

という事が、感覚的に分かってくるので、



ほぼ鍵盤を見ずに弾く、譜読みをする・・・

という事を、

自然にやれるようになってきます。



でも、大人は、

外すのが、コワい・・・!!

んですよね・・・



音を外したからと言って、

私が怒るわけでも、



お家で、

ピアノさんに叱られるわけでもないのですが、



「いやあ~・・・!

外したらどうしよう・・・!!」



という心理が、

強く働くらしく、



楽譜と鍵盤を、

「上見て、下見て、また上見て!」

と、目まぐるしく繰り返し、



「あああああ・・・!!

かどこ分からなくなりましたああ・・・・!」



と、仰る大人の生徒さん、

多数です。 



きっと、滅茶苦茶、

首が疲れるハズ・・・



いかに、ラクしてピアノを弾くか

が、昨今のピアノ業界のテーマでもあります。



数分弾いて疲れていては、

長時間の練習は出来ませんし、



演奏会なんて、一回したら、

寝込まないといけなくなります・・・



そもそも、

練習ですぐ疲れてしまうと、



ピアノのお稽古自体が、

しんどくて続きませんよね?



肩の力を抜く事もですが、

首も激しく上下させずに弾きましょう♪



くれぐれも、

譜面から、目を離さないように!



弾いているところを

見失ってしまう方は、



ぜひ、鍵盤を見ずに弾く練習を、

少しずつ、やってみて下さいね。




以上、

「「ピアノ練習」弾いている場所を見失うのは、なぜ?

その対処法」

について、お伝えしました。



ようこピアノ教室HPはこちら♪↓

ようこピアノ教室

8回の閲覧
©ようこピアノ教室