「中古でピアノを購入する時の注意点」


皆さん、こんばんは。

これまでに数百名の生徒に指導をしてまいりました、

兵庫県豊岡市の「ようこピアノ教室」向原葉子です♪



今回は

「中古でピアノを購入する時の注意点」

について、お伝えしていきます。



まず、

気を付けるべきポイントは、



・製造からの年数を見る

・そのピアノが置かれていた環境を聞く

・必ず、試弾する


です。


①製造年数について


大体、中古ピアノのお値段は、

年数で決まります。



お値段の高いものは、比較的新しいですし、

お安いものは、古い事が多いです。



年数で行くと、

30年くらい前までのものが良い

と思います。



いくら安いから・・といっても、

古いものは、

やはり経年劣化が激しいため、



音も割れていたりして、

ピアノ演奏で肝心な、



強弱が、きちんと付けられなかったりします



注:強(フォルテ)弱(ピアノ)

ピアノは正式名を「フォルテピアノ」といいます。




②ピアノが置かれていた環境


これは、例えば、

製造年数が10~20年くらいであっても、



全然弾かれずに、調律もされず、

部屋の隅に置きっぱなしになっていた場合、



相当、ハンマー(ピアノは弦を

ハンマーで叩いて音を出します)が、



かなり湿気を吸っていますし、

弦も、錆びていることが多いです。



弦を張り替えたり、

ハンマーも、

鏝や針で調整をしてあっても、



長年、その状態で置かれていた場合は、

相当音も悪く、

音が出にくくなっている可能性が高いです。



外側の見た目は、

とても綺麗に磨いてありますし、

傷なども直してありますので、



パッと見ただけでは、

本当の良し悪しは、わかりません。



これを、

「このピアノは劣悪な環境にありましてね・・・

かなり汚れてもいたんで、

磨くのに苦労しましたよ~!」



なんて、

恐らく、教えて下さる所は、

ない・・・!と思いますので、



とりあえず、聞くだけ聞くとして、



あとは、



③必ず試弾


させてもらって、

実際に音を聴いて判断しましょう。



「え~・・・聴いたって、

わからないんですけど・・・・」



という場合は、



それなりにピアノの弾ける方(上級者)

か、



お世話になっているピアノの先生にお願いして、

ピアノ選びに同行して頂きましょう



その際、きちんと先生にはお礼をして下さいね。



専門家だからこそ、判断ができます。



同行して下さるという事は、

先生も、お休みの時間を使って

わざわざ来て下さっているので、



そこは、きちんとしましょう♪



以上、

「中古でピアノを購入する時の注意点」

について、お伝えしました。



お問い合せ&ようこピアノ教室HPはこちら♪↓

ようこピアノ教室


28回の閲覧