「大人がピアノ教室を探すとき」のチェックポイント!

更新日:5月13日

こんばんは。

これまでに数百名の生徒に指導をしてまいりました、

兵庫県豊岡市の「ようこピアノ教室」向原葉子です♪

今回は、大人の方がピアノ教室を選ばれる際の、チェックポイントについて、

お伝えしていきます。


これまた、

全くの初心者である」のか、

少し子供の頃に経験がある」のか、

結構弾けます!(ツェルニー40番や、バッハシンフォニアなどまでやっていた)」

なのか・・でも、全然変わって来ますし、



ポピュラーを弾きたいのか、クラシックを弾きたいのか・・

でも、また違ってきますよね。


ですので、私がこれまで大人の生徒さんに指導してきた中で、

一番多かった「全くの初心者」「少し子供の頃に経験がある」の方が、


どういった事にポイントを置いて、

教室を探されるのがよいのか・・という事について、書いていきたいと思います。


まず・・・いきなり結論から行きますっ!!


「優しくて、根気強い先生、お教室を選んで下さい!」


これに尽きます。ハイ・・!


何故かと申しますと、

もう脳が出来上がっている大人は、

子供のように、順調にサクサク!進まないからです。


これはもう、嘘を言っても、上手を言っても仕方ないので、

本当の事をちゃんと、申し上げます!


もうとにかくですね、

指がいう事をきいてくれません!」汗


2の指を動かしたつもりが、3の指が動き、

「違いますよ~」と言っても、

「え・・?あれ?なんで?」という感じで、


間違った指が動いてることに気づけない・・・

鍵盤の位置も、なかなか覚えられない・・・(泣)


こんなに苦戦するとは思いませんでした・・・

と、仰る方がほとんどです。


だからこそ、少しづつでも、毎日練習することが、

子供以上に大切になってくるわけですが、


お仕事や家庭があったりすると、

毎日練習をそれなりの時間取る・・という事も難しいので、


習い始めは「よおし!やるぞ!!」と意気込んで、

毎日練習していても、


「あ・・・今日無理・・・もう・・ね・・る・・。(撃沈)」

となってしまう日が、やはりある訳です。


それが1~2日なら、他の日で取り戻せたりしますが、

仕事が立て込んでいて「この1週間ほとんど弾いてない・・・!

という状態で、レッスンに行かないといけないと時もありますよね。


そんな時、先生が怖かったら・・・


「あかん・・なんて言われるやろ・・・怖い・・行きたくない・・」

(ここの所は、子供も一緒ですね笑)

となって、


つい、休んじゃう・・・

そういう事が続く・・・

辞める・・・


となってしまうんです。


先生の方も、怖くなるつもりはなくても、

事情もわかっていても、

生徒が毎回毎回練習してこなくて、


1曲が半年、1年かかっても仕上がらない・・となると、

やはり辛くなってくる訳です・・・


根気がないと、そこを待ってあげられないんですよね。


そもそもピアノのレッスンというのは、

練習」と「レッスンに来る事」がセットなので、


どちらかが欠けるとなると、それはもうピアノのレッスンを受けること自体、

意味がなくなってしまう・・というか、

生徒さんの貴重なお金と時間を無駄にしてしまう事になる訳です。


そこが指導者側にとっても辛い所ですし、

どんなに指導を一生懸命にやっても、

成果が全くみられない・・というのは、


終わりのない作業、仕事をしているのと同じなので、

そこも辛い所であったりします。


ピアノで専門にまで進むには、

毎日毎日、延々と同じパッセージの練習を、黙々と何時間も続ける・・・

という、


かなりの根気が必要なので、

ピアノの先生には、根気のある方は多いと思いますが、


でも「気が短い」「気が強い」という部分も、

同時に持ち合わせている方がこれまた多いので、


大人で、初心者であるなら、

比較的、気立ての優しめ(笑)の先生」を選びましょう♪


音大の先生などは、専門の生徒しかみて下さらなかったりしますし、

厳しくて当たり前だったりしますが、


初心者や、専門ではない生徒を取って下さる先生も、中にはいらっしゃいます。



これは、私が6年ほど前に、

母校の大阪音楽大学で行われた、指導者研修を受講した時のお話しですが、


こんな公開レッスンがありました。


「本学教員による模擬レッスン 及びディスカッション」

幅広い生徒を対象として~


大学のミレニアムホールで行われた、公開レッスン。

あらかじめ、受講生である私達には、

公開模擬レッスンで演奏される楽譜や曲名は知らされていました。


「クーラウのソナチネOP.55-6」と、

「アナと雪の女王」から「let it go」

「アナ雪」の楽譜は、当日配布・回収でした。


「幅広い・・・」と言われている通りに、

クーラウのソナチネを演奏された生徒さんは、


楽曲を見て予想した通り、

おそらくコンクールなどに出演されているであろう、小学校高学年くらいの女の子


アナ雪を演奏された生徒さんは、

習って間もない、大人の男性の方でした。


先に女の子の模擬レッスンでしたが、

ホールでの公開レッスンで、かなり緊張されたと思うのですが、

実によく弾いていました。


力が入りすぎていて、上手く演奏出来ない部分や、

バランスの良くない部分を、アドバイスしてもらっていましたが、


素質のありそうなお子さんだったので、

これを機会に、大学の先生にもレッスンを受けて、

きちんとした奏法や表現の仕方を学べば、


もっともっと・・・上達されるのでは・・・

と思いました。


年齢がいくと、一度付いてしまった癖はなかなか抜けませんが

まだ小学生であれば、きちんと直るでしょうし、

もっと弾けるようになりますね♪


そして「かなり勉強になったな~・・・」と思ったのが、

次の大人の生徒さんでした。


「公開レッスン」となれば、先の女の子のように、

良く弾ける選ばれた生徒さん」が出ることがほとんどだと思いますが、


初心者の生徒さん」で、曲も「ディズニー」・・・


え~・・・??!

音大の先生のレッスンを・・・??

ホールでの公開講座で・・・???)(・□・;)


これは今まで見たことがありませんでした・・・


レッスンの前に、その男性の生徒さんが、

僕は基本、楽譜は読めません。メロディーも耳で聴いたのを、

弾いているので、楽譜とも違っていると思います。


と説明され、さらにびっくり!


レッスンが始まって、

「おおおお・・っ本当だあ・・・Σ(・□・;)!」


楽譜を見てても、

「今どこ・・??」っていうくらい、自由に弾かれていまして 汗

止まったりつっかえたりして、さらにどこなのか、

なんの曲なのか、全然分からない感じに・・・


でも、頑張って演奏されているんですよ・・・これがっ!

そして、何より先生が「かなりの忍耐力を持って指導」されていました。


間違うときって手が先に行ってしまっているから、

メロディーを歌いながら弾いてみましょう♪」と言われ、


舞台上で、ドレミでメロディーを歌って弾かれると、

なるほどミスが減ってます。


私達でも、いきなり手が行ってしまって、

考えずに音を出してしまうと、大変なことになる場合がほとんどですからね~・・・


最後に、なんとか弾き終えられた時には、

会場から拍手が起きました・・・!


多分、その生徒さんのピアノ歴や実力からすると、

「アナ雪」は簡単にアレンジしてあっても、相当難しい・・・


でも、きっと「これが弾きたいですっ」と、仰った気持ちを大事に・・と考えられて、

先生もOKを出されたのだと思うのです。


そうはいっても、かなりのグダグダになるわけで汗、

色んなレベルの生徒をみたことのある私が指導する事になっても、

かなりの根気と忍耐力が要るな~・・・」と思うのに、


音大の先生が、そのレッスンをされている・・・!ということが、

もう、衝撃でした。


音大の先生にみて頂くって、昔なら

ある程度以上のレベルでないと、まずレッスン自体受けて頂けませんし、


レッスンを受けるなら、

きちんと最後まで弾きとおせないといけないんですよね~


あ・・・私は「一応最後まで弾いているがミスが多く・・・」

みたいな出来でレッスンに行き、叱られた事があります・・・汗)

まだ、叱られるだけマシですが・・・)


こういう模擬レッスンで「色んな生徒さんのレッスンを公開で

という趣旨だったから・・・だと思うのですが、


それでも「時代は変わったなあ・・・」と痛感しました。


私のところにも、子供の頃にピアノ経験のない、

初心者の大人の生徒さんが、数名いらっしゃいますが、


このお話をしましたら、

その人、すごいメンタルですねえ~っΣ(・□・;)」と、驚いていらっしゃいました。


「もし、私が「公開レッスンに出ませんか♪」と言ったら、どうしますか?」

と聞きますと、皆さん一様に、


いやいやいやっ!!とんでもないです~っ(汗)!

と、仰ってましたね・・・(苦笑)


でも、恥ずかしがらずに、どんどん、そういう機会にも参加し、

出ていく事で、得られるものって、とても大きいと思うんです。


大人になると「恥ずかしい」「失敗したくない」という気持ちが大きくなりすぎて、

緊張も、より大きくなってしまいますが、

出ることで、慣れても来ますし。


今は発表会が無理な大人の生徒さんも、

次回は、頑張って出て頂けれるといいな・・・と思いました。


そして、指導者側は、いろんな面での勉強・研究は勿論ですが、

何より生徒さん側の「気持ちに寄り添う事」と「忍耐力」、

これが大切ですね!


ですので皆さん!

優しくて根気があり、生徒に寄り添ってくれる先生」

を、是非選んで下さい♪


以上、「大人がピアノ教室をの選ぶとき」のチェックポイント!

についてお伝えいたしました♪



お問い合せ&ようこピアノ教室HPはこちら♪↓

ようこピアノ教室

15回の閲覧