「絶対音感習得コース」音感訓練♪自宅での練習の注意点 その1


皆さん、こんばんは。

これまでに数百名の生徒に指導をしてまいりました、

兵庫県豊岡市の「ようこピアノ教室」向原葉子です♪

今回は、

「絶対音感習得コース」の

自宅での練習の注意点 その1を、お伝えします。



絶対音感を付けるには、


①訓練開始年齢が、6歳半までである事

②ご自宅で、毎日休まず、1日に3~4回練習する事



が、必要です。



①の、

訓練開始年齢が、

6歳半までである事の理由」として、



絶対音感(基準音なしで、音を聴き分けられる能力)

を、つける事の出来る年齢は、

幼少期に限られるのですが、



これは、耳が人間の五感の中で、

一番早く、発達を始める感覚器官であるため、

その分、発達を終えるのも早く、



6歳ごろには、

耳の大体の発達が終わってしまうからなんです。



そして、

絶対音感の習得終了年齢が、8歳半から9歳ごろまで

と言われており、



習得には2年半ほどかかるためです。

(*個人差があります



その為、絶対音感の訓練は、

耳の発達がさかんに進んでいる、



3歳から6歳くらいの間

に行うことが、

ベストと言われています。



元々の耳が良く

(最初からミスがほとんど出ませんでした)

6歳半から始めて、

半年で絶対音感がついたお子様もありますが、



これは、かなり珍しいケースです。



そして、この絶対音感の練習が、

3歳くらいから始めないと上手くいかない

のもうひとつの理由として、



知能の発達」との関係があります。



物の大きさや、形を比べる行動を、

心理学では「移調行動」といいますが、



この行動が活発になるのは、

一般的に「5~6歳」だと、

されています。



たとえば、5歳のお兄ちゃんと、3歳の妹がいて、

目の前に、大きさの違う、

イチゴの乗ったケーキが2つあるとして・・・



5歳のお兄ちゃんは、

一瞬のうちに、

ケーキの大きさを見比べて、

大きい方を取る事が出来ます。



でも、3歳の妹の方は、

自分の方のケーキが、

小さい事にも気付かずに、



ケーキをもらって、

ただ、ニコニコ♪しているはずです。



何故なら、5歳のお兄ちゃんの方は、

「移調行動」が出来ているから

ですね。



しかし、この移調行動のよる、

「物を比べる力」というものが、

絶対音感の訓練には、とても邪魔

になります。



絶対音感とは、

音を絶対的に聴く力」なので、



比べて聴いてしまっては、

絶対音感ではなく、

相対音感」になってしまうんです。



ですので、

絶対音感の練習は、

移調行動が始まる前に行う」必要があります。




②の、

自宅で毎日休まず、

1日の3~4日練習する事が必要

である事の理由は、



・お稽古を休むと、

覚えかけた事を忘れてしまうから


・一度にまとめてやっても

子供が飽きて集中しなくなるから



です。



小さな子供の吸収力は凄いです!

興味を引いたり、集中したりすると、

「あっという間」に覚えてくれます



でも・・・



忘れるときも、

あっという間」なんですよね・・・



ですので、

音感訓練だけでなく、

ピアノの練習も、毎日する必要がある・・・



と、お話ししているのは、

子供は、覚えるのは早いが、

忘れるのも早い!」からです。



そして、年齢が小さいと、

当然、集中力が続きません



今、レッスンを始めたばかりの、

3歳、4歳の生徒が4名ありますが、



まだ赤1本だけなのに、

この年齢の子供は、やり始めてすぐに

旗をくるくる巻いて遊びだしたり、



まだ、レッスン序盤でも、

(30分の中で、数分ごとに違う事をしています)

「もう、やらな~い!」

などと言って、



保護者の方のいる、

椅子の方に走って行っちゃったり、



勝手に、別の小道具の、

マグネットや指番号札などで、

遊びだしちゃったりする子が多いです・・・汗



ですので、小さい子供を、

一定時間、集中させるのは至難の業

なのですが、



その都度、臨機応変に、

レッスンでやる予定の順番や

分量を変えて、



出来る限り、

「もうやらな~い」「帰る~」

の言葉が出ないように、



「え?もう終わりなの?

まだやりたい!」の言葉が出るよう、

心掛けていますが、



大抵、どれも数分で飽きてしまいますので(笑)、

レッスン以上に甘えが出やすい、

お家での旗の練習時間は、

一回1~2分で。



和音の数がかなり増えても、

3分を超える練習は長すぎですから、



凄く良く出来て、集中していても、

どんなに長くても1回5分以内とし、



「気分よく」

終わらせてあげてください♪



特に、初期の練習では、

出来にムラがある事が多く、

日によって、調子に波があるのが普通です。



ですので、

お稽古をしたときに、

調子が良くなければ、

練習を、早く切りあげた方が良いです。



これを、

「上手く出来なかったから・・・」

「昨日できなかったから・・・」



と、一度にまとめて、しかも、

「ちゃんと出来るまで!」と、

たくさんやってしまうと、



こどもの自信を失わせたり、

練習嫌いにさせてしまいます。



また、

「正しくこたえたい!」という気持ちを強めて、

難しい絶対的な聴き方」ではなく、



やさしい相対的な聴き方」に、

追いやる事になってしまいます。

(*相対的に比べて聴くのは「相対音感」)



よって、

絶対音感の練習は、


・毎日、休まず練習する事

・1日に複数回練習する事

・調子の悪い日は、練習を短めに切り上げる事


が、大切です。



以上、

「絶対音感習得コース」

自宅での練習の注意点について、お伝えしました。





ようこピアノ教室HPはこちら♪↓

ようこピアノ教室

17回の閲覧
©ようこピアノ教室