「ピアノ」その名前の由来♪正式名称は?いつ、どこで生まれたの?


ピアノ指導歴28年。

これまでに数百名の生徒に指導をしてまいりました、

兵庫県豊岡市の「ようこピアノ教室」向原葉子です♪

今回は、

「ピアノ」その名前の由来♪正式名称は?

いつ、どこで生まれたの?

について、お伝えしていきます。



皆さんは、

ピアノの正式名称をご存知でしょうか?



「え?ピアノって・・・

ピアノ」じゃないの?」



と、思われる方が、

大半かと思うのですが、



俗に「ピアノ」と呼ばれている、

この楽器。



正式名称を、

「Gravicembalo col piano e forte」(伊)

(グラヴィチェンバロ コル ピアノ エ フォルテ)

と、言います。



長いですね(笑)



イタリア語で「グラヴィ」は、

「大きな」という意味で、

チェンバロはピアノの前身楽器です。



ですので、

「グラヴィチェンバロ」=

「大きなチェンバロ」

という意味です。



「col(コル)」は、

英語の「with(と、ともに)」で、

「e(エ)」は、

英語の「and(そして)」



「piano(ピアノ)」は「弱く」

「forte(フォルテ)は「強く」

という意味ですので、



弱い音も、強い音も出る、大きなチェンバロ

と、いう意味の名前なんです。



それが、だんだん略されて、

Pianoforte(ピアノフォルテ)

と、呼ばれるようになり、



さらには「forte(フォルテ)」

まで略されて、

「piano(ピアノ)と呼ばれるようになりました。



つまり「弱く(piano)」って、

呼ばれるようになっちゃった・・

という・・・



ちなみに、イタリアでは、

今も「pianoforte(ピアノフォルテ)」

と呼ばれています。



この、ピアノの正式名称が、

イタリア語である事から、



あ・・・もしかして・・・??

と、推測できたと思いますが、



そうです!

ピアノはイタリアで生まれました♪



1711年。

(日本は江戸時代で、将軍は、

徳川家宣(とくがわいえのぶ)の時代)



「イタリア、フィレンツェの王子(メディチ家)

お抱えの楽器係だった

クリストフォリ」が、



チェンバロではない、

ハンマーを使った、

新しい楽器を作ったらしい・・・!!」

と、聞いた、



シュピオーネ・マッフェイという人が、

クリストフォリの工房に、

この楽器を見に行き、



その詳細を、

アクションから、

細部に至るまで記して

文芸誌に発表しまして、



その時に、この楽器を、

「Gravicembalo col piano e forte

という活字にした・・というのが、



ピアノの名前の由来

となっています。



次回の記事で書きますが、



ピアノの前身楽器である

チェンバロや、

クラヴィコード、ダルシマー

と言った楽器は、



ピアノのように、

音の強弱が付けられなかったので、



音の強弱が付けられる楽器が出来た・・・!!

というのは、



当時、非常に!

画期的な事だったんです。



クリストフォリさん、スゴイですね!!



それでも、

現在のピアノとは比べ物にならず



当時のものは、

きわめて簡単で幼稚なもので、



鍵盤の数も、5オクターブ半

(61鍵程度)

しかありませんでした。

(現在のピアノは、88鍵です♪)



そして、18世紀後半頃には、

ヨーロッパ各地に広がって、

どんどん!

試作され、改良されていきました。



以上、

「ピアノ」その名前の由来♪正式名称は?

いつ、どこで生まれたの?

について、お伝えしました。




ようこピアノ教室HPはこちら♪↓

ようこピアノ教室

12回の閲覧