「ショパンコンクール2021」第二次予選♪まもなく結果発表!

皆さん、こんばんは。

ピアノ指導歴28年。

これまでに数百名の生徒に指導をしてまいりました、

兵庫県豊岡市の「ようこピアノ教室」向原葉子です♪

↑ショパンの手の石膏像


今回は、

「ショパンコンクール2021第二次予選」

まもなく結果発表!

について、お伝えします。



2カ月以上、ブログを放置しておりました・・・

ご無沙汰しております。



別ブログの立ち上げがあったり、

来月に開催する、当教室の発表会の準備等で、

バタバタしておりまして、



気が付けば10月。



ショパンコンクールの、第一次予選が始まっており、

現在、第二次予選が終了したところで、



本日10月13日(水曜)の早朝5時以降に、発表される

とのことです!楽しみですね♪



といいますか、


もう、ドキドキ・・・


です。



多忙の中での、本大会はじまりでしたから、

ネックスピーカーを首にかけて

あれこれ、用事をしながら聴いていたのですが、



予備予選を免除で聴けていなかった、

「牛田智大」さんの演奏を聴いた時には、



思わず、


「なに・・・???!!」


と、驚いて、iPadをみたくらい、

まあ、度肝を抜かれましたね・・・!



「なんだ??!」と思うほどの、

ものすごい音量でのフォルテ・・・!

でも、深みがあって美しく響く音・・・!



それでいて、ピアノは、ものすごく弱く弱く・・・



ダイナミクスの幅が、

ほかのコンテスタントたちとは

段違いに広いんです!



まさに、

「フォルテピアノ」という楽器を、

フルに生かした演奏で、



ホロヴィッツ??!と、思うほどの

ダイナミクスの幅のある演奏でした。

(*ウラジミール・ホロヴィッツ=

今は亡きピアノの巨匠。


その演奏は、Pとfの幅が広く、

卓越したテクニックと表現力が圧倒的な、

唯一無二のピアニスト。


クラシックピアノ界では

知らない人はいない)



ためて呼吸するところも、

次のフレーズに入るタイミングも絶妙で、



もう、聴きながら、


「はあ~・・・!!」

「おお!!」

「すご・・・!」

「うま・・・!」

「いやあ~・・!!」


と、感嘆詞しか出てきません・・・(笑)



もう指がですね、まさに、


鍛錬された指


なんですよ。



紡ぎだされる音、一つ一つが、

とにかく「しっかり!」していて、確実



欲しい所に欲しい音が、

欲しい音量と音色で、きちんとはっきり!

しっかりとくるんです。



2005年覇者の、

ラファウ・ブレハッチの演奏がそうだったなあ・・・

と思いながら、



牛田さんの演奏とその立ち居振る舞いに、

魅力入っておりました。



弾いている指をみても、むだな動きが本当になく、

相当な訓練を重ねて、鍛錬された弾き方

というのが、よくわかる指でした。



勿論、他のコンテスタントの方々も、

滅茶苦茶上手いんですよ!



今回、あまりにハイレベルなので、

もう1次予選から、

好みの問題でえらぶしかない・・??



と、おもうほど、皆さん上手すぎる・・・!



でも、牛田さんは、群を抜いていたと思います。



これでまさかの、牛田さんが3次に進めなかったりしたら、

それこそビックリです・・・



牛田さんは、1次予選の演奏前から、

もう余裕で、



他のコンテスタントたちが、

緊張の面持ちで、待機している中、

笑顔で、テレビカメラに手を振ったりしていましたし、



ステージ上でも、

え?いま牛田さんのコンサート??!

というような、立ち居振る舞い・・・



端正なルックスと相まって、

もはや「王子」です♪



第一次予選での牛田さん

43:42辺りから、笑顔で舞台袖で待機から↓

牛田さんは、絶対通ると思うんだけどなあ~・・・

ファイナルにも残るハズ!!



そして、私のお気に入りの「反田恭平さん



いやあ~・・!やはり素敵でしたね!!

1次予選から、ぞくぞくする演奏でしたが、



2次予選も、

Fdur(へ長調)の曲を、意図的に続けて演奏し、

明るく軽やかな4番のワルツから♪



実に効果的で、うまい戦略でしたね!



エロい演奏」(笑)と、

私が思っている、

反田さんの印象をガラっと変えた、



明るく軽やかで可愛い「猫のワルツ」は、

良い掴みでしたよね♪



ロンドも凄く素敵で、

技巧と計算がしつくされた中での

緻密な表現での素晴らしい演奏で、

聴いててワクワク!楽しくなる演奏でした。



反田さんは、

人の心を掴むことに長けているな・・・

という、演奏をされますね。



聴衆の反応も良かったですし、

反田さんも通過されるでしょう!!

というか、通過して!

フィアナリストになって欲しい!!



既に、反田さんのCDも購入している私です♪

(ドビュッシーが素敵!)



皆さん注目の、角野隼斗さんも、

予備予選の時は、非常に緊張されてましたが、



1次、2次・・と進むにしたがって、

いつもの角野さんらしさが出てきましたね。



反田恭平さん1:07:17頃から、舞台袖より↓

かてぃんこと、角野隼斗さん2:37:40頃から↓

2次に残っている方は、

皆大変に上手いかたたちばかりな上に、



ここで、約半数に絞られてしまうので、

さあ、どうなるか・・・というところですね。



海外のピアニストの皆さんも、

私お気に入りの、癖の強い

アレクサンデル・ガジェヴさんも、期待を裏切らず良かったですし、

地元ポーランドのシモン・ネーリングさんも固い!と思われます。


イタリアのレオノーラ・アルメリー二さんや、

アメリカのエイブリーガリアーノさんも、

通過されるだろうな・・・思いますし、



本当に、今回レベルが高くて、強敵ぞろい!!



勿論、牛田さん、反田さん以外の

日本人のコンテスタントの方々も、

負けじと皆さんハイレベルですから、



3次にたくさん入ってくれるであろう・・と、

期待しているのですが。



その中でも、やはり全回ファイナリストだった、

小林愛実さんの演奏も、これまた群を抜いて凄かったですから、

きっと小林さんも、3次に進まれると思います♪



進藤実優さんも、古海行子さんも凄く良かったですし、

予備予選と1次を聴けていなかった、京増修史さんも、

本当に綺麗で軽やかな音を出される方で、

個人的にとても好きな演奏です♪



2番のワルツも、ノクターンの8番も、

細かい音が、実に綺麗で軽やかで、

まさに「ショパン~♪」という感じでした。



最後の大ポロネーズで、きめの音を、

いくつか外してしまわれたのが残念で、



京増さんご本人も、演奏直後、

「あ~・・・」という表情をされていました。



その辺りがどれくらい、結果に響いてくるのか・・・

皆さんのレベルが高いだけに、どうかな・・・



そんな訳で、結果が非常に楽しみかつ、ドキドキなんですよね!



あと、1時間くらいですか・・・

楽しみに待ちましょう♪



今回は、今回は、

「ショパンコンクール2021第二次予選」

まもなく結果発表!

について、お伝えしました。



前の記事へ戻る「ショパンコンクール予備予選♪結果発表!」


次の記事へ


ようこピアノ教室♪

















16回の閲覧