「譜読みを丁寧に」きちんと読むことの大切さ


これまでに数百名の生徒に指導をしてまいりました、

兵庫県豊岡市の「ようこピアノ教室」向原葉子です♪

今回は、

「譜読みを丁寧に行う事の大切さについて」

お伝えしてきます。



今日の夜レッスンだった、

小学5年生のYちゃん♪



先週発表会の曲が決まり、

ツェルニー30番の2番と、

発表会の曲を練習中です。



どちらかというと寒がりのYちゃんが、

教室に入ってくるなり、



「暑っいいい~・・・!」と。



他の子は、私が寒い・・!

と思っていても、

丁度いい♪

と言う事が多いので、



エアコン入れて、

私は長袖を羽織っている訳ですが、

Yちゃんも、いつも寒いようで。



いつも夏場、Yちゃんの時は、

エアコンを切ったり、

設定温度を上げていたのですが・・・



私「珍しいね・・?どうしたの?!」

Yちゃん「今日暑かったから~!」



と言いながら、

バッグから楽譜を取り出し、

ニコニコしている様子を見ると、



どうやら、

かなりしっかり!

練習をしてきた模様♪



Yちゃんは、気持ちが表に出やすく、

その日の気分や、

その週の練習状況が、

とても、分かりやすいです。



寒がりのYちゃんが、

暑いって言うなんて、

気合がはいってるのかな~(笑)

と、思っていたら、案の定・・・



「こっちから弾く!」

と、発表会の曲の楽譜を開きました。

(大抵は皆、

テクニックの本から弾く事が多いです)



湯山昭さんの「お菓子の世界」から、

「バウムクーヘン」です♪

(3ページあります。こちらは1ページ目↓)

湯山昭さんの、有名曲ですね!



発表会でもコンクールでも、

良く演奏される、

綺麗で可愛らしい曲です。



この辺りのレベルの曲になると、

「指番号」が少し複雑になってきます。


そして、この「指番号」を、

しっかり!守らないと、

弾けない所が多くなり、



最初に適当に弾いて、譜読みをしてしまうと、

指がそれを覚えてしまって、



後から直すのに時間も手間もかかり、

とても大変・・・!になります。



ですので、

「ゆっくり少しづつ」で良いので、



丁寧に、きちんと、楽譜通りに

練習する必要があります。



Yちゃんは、

「どんな曲も楽々すらすら~♪」

という、器用なタイプではなく、



出来ない所を、コツコツと、

毎日毎日・・・

丁寧に、練習を積みあげてきた子です。



習い始めたのは、

小学校に上がると同時だったので、

決して早い開始年齢ではなかったのですが、



毎日、余程の事がない限り

練習を休まず、

丁寧な練習を頑張ってくれたため、



テキストレベルは、

Yちゃんより早くから習っている子を抜いて、

今、7人いる小学5年生の中で、

3番目です♪



今日も、指番号正しく、

きちんと練習して来ていたので、



音が飛ぶところの、指の運び方や、

腕の持って行き方などを

指導する事が出来、



そこも、

余裕をもって注意が聞けたので、

とても綺麗な指運びが出来、



たくさん褒められて、

ゴキゲン♪で帰りました♪♪



練習をしっかり丁寧に頑張る

褒められる

また頑張ろう!と意欲がわく

練習をさらに頑張るので上手くなる



と、良いループが繋がっていきます。



一気に早く適当にやってしまうと、

折角練習したのに、



「あそこが違う」

「ここが間違っている」

「この前注意したことが

出来ていない!」



と、あちこち注意される羽目になり、

それが何回も続くと、



ちゃんと、注意されたことを

出来るように練習して来ないと、

レッスンの意味がないよ!



と、叱られることになり、

やる気のモチベーションも下がってしまうので、



最初の譜読み」は、きちんと

丁寧に、しましょう♪



以上、

「譜読みを丁寧に行う事の

大切さについて」

お伝えしました。




ようこピアノ教室HPはこちら♪↓

ようこピアノ教室

9回の閲覧